【徹底比較】IHとガスコンロ

IHとガスコンロって結局のところ何がどう違うの?

そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ここではそんな疑問を解決すべく、それぞれの特徴を挙げ

どういった利便性があるのかを比較、検討していきます。

 

《 IH 》

電磁誘導加熱という、磁力をつかって金属鍋を加熱するシステムのIH。

鍋を支える「ごとく」が無くフラットで、さっとひと拭き、お手入れがしやすいことが大きな特徴です。

火と油を使わないので火災の心配はなし、トッププレートが熱くなりません。

ただ、鍋は熱くなっているので触れる際には注意が必要です。

ih%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf

 

揚げ物やハンバーグ、ホットケーキなど調理途中で温度調節が必要な料理にむいています。

また、最新機種では焼き魚も焦げ目をつけてきれいに焼くことが可能になっています。

炙りはできないなど、火を使わないがゆえに調理法が制限されてしまうのが難点と言えましょう。

 

IH対応でないガラス鍋や土鍋は使えず、調理には鉄・ステンレス製の鍋を使用します。

しかしオールメタル対応機種を選べば専用の鍋を買い直す必要もなく、現在お使いの金属鍋を使用する

ことができます。

 

《ガスコンロ》

従来からあるガスコンロ。直火を使い、高火力での調理ができるため、中華料理や焼き目をつける

調理なども得意です。調理に使う鍋も選ばず、あらゆる種類の鍋を使うことができます。

%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%ad

電子制御システムが導入されていない乾電池式のガスコンロは、停電時にも使用が可能。

また、安全性の向上のため、最新の機種にはSiセンサーの搭載が義務付けられており、

発火時や消し忘れの際に自動消火して火災を防いでくれます。

 

IH導入家庭の光熱費が4人家族で約25,000円/ 年なのに対し、ガスコンロ設置の場合には

約12,000円/ 年と、大幅に光熱費を抑えることができるのもガスコンロのメリットです。

 

 

IHとガスコンロ、どちらも機能が進化しており使いやすさも向上しています。

さまざまな要素を比較し、ご自身やご家族に合ったIHやガスコンロをお選びください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です