オープンキッチンって?

近年、家族のコミュニケーションがとりやすいオープンキッチンが人気を呼んでいます。あらためてその特徴をみてみましょう。

オープンスタイルの利点と問題点を知っておくことが大切

オープンキッチンの形はLDKとDKの2タイプ

オープンキッチンとは、壁や収納で仕切られていないキッチンのこと。リビング、ダイニング、キッチンがひと続きになったワンルームタイプ(LDK)と、ダイニングとキッチンが一緒で、リビングが別に設けられているタイプ(DK)のふたつに分けられます。

スペースが有効に使えて家族との交流もしやすい

オープンキッチンのメリットは、やはりコミュニケーションがとりやすいという点。リビングやダイニングで過ごす子どもの様子を見ながら、食事のしたくや片づけをすることもでき、オープンになっていれば食事の配膳もスムーズで、家族もお手伝いがしやすくなります。また、仕切りを設けないことでひと続きの空間を広々と使うことができ、それに伴い採光性も高まります。狭小住宅などにもおすすめのスタイルといえるでしょう。

煙やニオイの対策やこまかな整理整とんが必要

開放的なつくりならではのデメリットもあります。例えば、煙やニオイが室内に充満しやすいので、十分な換気設備を整えなければなりません。また、リビングやダイニングから常にキッチンの様子が見えるため、雑然とした状態が丸見えになりがち。整理整とんが苦手な人や、ゲストの目が気になる人にはあまりおすすめできません。さらに収納スペースも少なくなりやすいので、綿密な収納計画も必要です。
こうした点が気になるけれど、やはりコミュニケーションを重視したいという人は、セミオープン式で一部を目隠しするのもよいでしょう。

オープンキッチンの特徴

メリット
・家族との一体感がある
・部屋を広く使うことができる
・配膳しやすい
・採光性がよく、明るい

 

デメリット
・常に整理整とんが必要
・作業に集中しにくい
・調理作業や片づけの音が響く
・煙やニオイが充満しやすい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です