オープンキッチンではゴミ処理を工夫しよう

 

ゴミ箱の配置や処理方法の工夫でニオイを管理しよう

ニオイを広げない方法をあらかじめ考えておく

オープンキッチンで絶対に考えておかなければならないのが、ゴミ箱の配置場所です。見た目ももちろんですが、何といっても重要なのはニオイ。生ゴミのニオイを室内に充満させないよう、ふたつきのゴミ箱を見えにくい場所に置いたり、サービスバルコニーにゴミ箱を設置したりと、さまざまな工夫が必要。また最近では生ゴミ処理機やディスポーザーなども数多く普及しています。家の間取りやライフスタイルなどをふまえて、どのような形がベストかを考えましょう。

 

生ゴミ処理機の種類

バイオ式は微生物の働きでゴミを分解させる。10〜25%程度まで容積を減らすことができる

乾燥式は熱風を当てながら細かくカットし、乾燥させる。14%程度まで容積を減らすことができる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です