オープンキッチンの換気設備

 

設備だけに頼らず給気・排気のバランスを考えて

見た目のよさや手入れのしやすさも重要

コンロを扱うキッチンでは、換気設備が欠かせません。なかでも不可欠なのがレンジフードです。
オープンキッチンの場合は、換気力はまわりの空間の快適さにも関わってきます。機能だけでなく見た目も大切。最近では気密性や作動音の小ささ、見栄えの点から、ダクトを通す「シロッコファンタイプ」が主流です。特にアイランド型キッチンのセンターフードなどは、目に入りやすい場所に設置するので、デザインはもちろん、手入れのしやすさも重要です。汚れにくく、こまめに掃除ができるような素材のものを選ぶとよいでしょう。また、壁側に設置する場合は、吊り戸棚のパネルと同色にするものもアイデアです。
そして、やはり快適な空間づくりのためには自然換気が大切。効果的な窓の配置をしっかりと計画しましょう。

 

レンジフードの種類と特徴

レンジフード型

一般的なレンジフードの形。壁面に設置し、煙を外へ排出させるタイプ。

 

ダクト使用型

壁からコンロが離れている場合にしよう。煙はダクトを通って外へ排気される

 

下・横引き型

コンロの後部やサイドに排気口があるタイプ。煙が部屋に広がる前に排気できる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です