オール電化でクリーンな暮らしを

ガス併用住宅はガス設備に慣れている家庭やガスコンロを使って料理したい方に向いていると前回の投稿で紹介しました。
それに対して、オール電化住宅はどういった生活スタイルの家庭に向いているのでしょうか?
 

燃焼機器を使わない生活

コンロ、給湯、暖房などがすべて電気式の設備になる

 オール電化にすると、当たり前のことですが、今までガスで使っていた加熱調理機器(コンロ)を給湯が電気式になります。電気式の加熱調理器は、火力が弱いイメージがありましたが、熱効率のよいIHクッキングヒーターの普及で、湯沸かしも早く、揚げ物にとろ火料理など、さまざまな調理に対応した設定が可能になりました。
 給湯設備では「エコキュート」が主流です。ヒートポンプというしくみを利用し、空気の熱でお湯をつくるので、経済的。ただし、設置コストが本体価格で60〜80万円と、一般の電気温水器の3倍程度かかります。しかし、国の補助を受けることができます。
 暖房はエアコン、床暖房、電気ストーブなどを組み合わせて考えます。日中、暖房を良く使う家庭なら、夜間電力であたためた熱を利用する蓄熱式ヒーターがおすすめです。ほかにも電熱線などであたためる電気式床暖房のほか、「エコキュート」に対応したヒートポンプ温水式床暖房もあります。
 温水式床暖房はお湯を循環させてあたためるので、設置距離が長くなると、まだ不経済な面もあるようです。

開放的プランに合ったクリーンな暮らしができる

 オール電化の利点は、家の中で燃焼機器を使わないので、火気の危険が少なく、空気も汚れないという点です。調理でも、IHクッキングヒーターならガス機器より湯気や煙などが周辺に広がらず、そうじもしやすいのが特徴です。そのため、オープンキッチンに合うという声がよく聞かれます。また、IHクッキングヒーターは比較的調理時間が短く、タイマー設定も簡単なので、共働きや小さな子どものいる家庭など、時間のない人にもおすすめです。
 さらに共働きで日中家にいないことが多い家庭は、オール電化に向いています。オール電化は、電気料金の安い夜間電力を上手に使うことがポイントです。夜間の時間帯に家事を行ったり、洗濯機や食器洗い乾燥機などのタイマー運転を使っている家庭は電気料金が安くなるのです。
 ほかにもガスの配管工事が必要な土地だったり、LPガスのボンベを置きたくない、静音性の高い設備にしたいと考えているなら、オール電化に向いているといえます。

オール電化住宅の相性チェック

生活スタイル
☑︎日中電力を使うことが少ない。家事も23時以降に行うことが多い
☑︎高齢者や子どもに安全な電化キッチンにしたい
☑︎キッチンを開放的につくりたい

設備
☑︎IHクッキングヒーターを使いたい
☑︎暖房は電気式の床暖房やストーブにしたい
☑︎給湯は電気式が便利だと思う
☑︎空気を汚さない設備に興味がある

敷地
☑︎静音性の高い給湯設備にしたい
☑︎ガスの本管が遠いのでインフラ費用がかかりそう

省エネ
☑︎エコキュートの省エネ性に注目している
 

オール電化の設備メニュー

加熱調理器

 基本はIHクッキングヒーター(火力が強く、さまざまな料理に対応)
 直火がほしい人は、ハロゲン、ラジエントなどのヒーターつき
 

給湯

 基本はエコキュート(省エネ性が高く経済的)
 導入コストを抑えたい人は電気温水器
 

暖房

 気候条件や家の断熱性などに応じて以下から選択
 エアコンや電気ヒーターのみ
 蓄熱式大型電気ヒーター
 電気式床暖房、多機能型エコキュートの温水式床暖房など
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です