キッチンでの作業効率を上げる

ワークトライアングルで動線のよい配置を考える

キッチンでの動きをふり返る

キッチンづくりでまず考えたいのが、動線。そのためには、キッチン内で行う一連の作業とその動作を具体的にイメージしてみることが大切です。例えば料理をするときの動きを想像してみましょう。最初に冷蔵庫から食材を取り出し、次にそれをシンクで洗い、洗った食材を切ってからコンロで調理する、という動作がひとつの例として考えられます。つまりこの動きをできるだけスムーズに行えることが、作業効率を上げるポイントとなるわけです。

%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%ab

シンク、コンロ、冷蔵庫の「ワークトライアングル」

そのために考えなければならないのが、シンク、コンロ、冷蔵庫の配置です。この3つは、現代の「三種の神器」といわれるキッチンの必須アイテム。これらを線で結び、三角形を描いたものを「ワークトライアングル」といい、この配置バランスがよいほど、作業効率が高まるとされています。
ここで注意したいのが「広い」=「作業効率がよい」とは限らないということ。確かに広いカウンターは作業がしやすく便利です。しかしキッチン内での作業は、さまざまな動作をひとりで行わなければならないことがほとんど。キッチンが広すぎると、行ったり来たりが大変になってしまうのです。
例えば、シンクとコンロの間に調理スペースがあると便利ですが、これも広すぎては逆効果。水を扱う場所と火を扱う場所が離れすぎていて、調理の際に不便に感じることになるのです。こうした空間は、"広すぎず、狭すぎない"90~120cm程度に収めておくとよいでしょう。

また、冷蔵庫の場所はシンクに近いのが理想ですが、単純に近ければよいというわけではなく、冷蔵庫の扉が開く側にシンクが配置されていると、よりスムーズに動くことができます。このように、実際の動きをイメージしながら、使いやすい配置や距離、広さなどを考えることが大切です。
下ごしらえや盛りつけなどは広いスペースでの作業が便利。だからといってカウンターを長くしすぎると、移動距離が長くなり逆に効率が悪くなることも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です