キッチンのレイアウトを考える

 

レイアウトの基本パターンは6つ

 

イメージだけではなく、使いやすさで形を考える

動線と同時に考えなければならないのが、キッチンのレイアウト。一般的にはⅠ型、Ⅱ型、L型、U型、ペニンシュラ型、アイランド型の6つパターンに分けられます。広さや目的、一緒に作業をする人数などによって使いやすさが異なるので注意しましょう。
長所と短所を把握し、こだわりの順位を決めるキッチンのレイアウトは、オープン式にするかクローズド式にするかによっても大きくかわります。例えばオープン式の場合、コミュニケーションのとりやすいアイランド型が人気ですが、ニオイや煙などが気になりがち。また、収納スペースが十分に確保できるかどうかなどの問題もあります。一方クローズド式で多く見られるⅡ型は、作業中に床に水が垂れやすいのが欠点です。
 Ⅰ型
シンク、コンロをカウンターに1列に並べた、最もシンプルな基本の形。場所をとらないので狭小住宅に向いていて、価格も安い。ただし間口が最低210cmは必要。逆に360cmを超えると、作業効率が悪くなる
【長所】
・価格が割安
・2~3人での同時作業が可能
【短所】
・間口が広すぎると動線が悪い
 Ⅱ型
カウンターを2列に並べた形。作業動線が短いが、2列の間隔が広すぎると、振り返っての作業が大変。シンクとコンロを2列に分ける場合は、シンクでの作業中にもコンロが見えるように配置する
【長所】
・動線が短く作業効率が高い
・収納場所を多くとれる
【短所】
・食材の水が床に垂れやすい
 L型
カウンターがL字になっているタイプ。動線が短く作業スペースが広い。コーナー部分がデッドスペースになりがち。同様にカウンター下も収納力が高い反面、コーナー部分の活用に工夫が必要
【長所】
・動線が短く、作業がしやすい収納力が高い
【短所】
・コーナーがムダになりがち
 U型
カウンターをU字型にした形 。「コの字型」ともいい、動線がスムーズ。作業&収納スペースをコンパクトにまとめることができ、より多く確保できる。2か所あるコーナーの利用に工夫が必要になる
【長所】
・コンパクトで動線がスムーズ
・作業台が広く、収納力も高い
【短所】
・デッドスペースが生まれがち
ペニンシュラ(半島)型
Ⅱ型、L型、U型のカウンターを半島のように配した形。半島部分は作業台、テーブルなど多目的に利用できるが、レイアウトによって収納部分が少なくなったり、設置に広いスペースが必要になる
【長所】
・対面式キッチンに向いている
・家族やゲストと交流しやすい
【短所】
・広いスペースが必要
 アイランド型
シンク、もしくはコンロを独立させ、島のように設けた形で、作業スペースだけを独立させる場合もある。四方から作業できるのでコミュニケーションがとりやすい。オープン式になるため換気方法に工夫が必要
【長所】
・多人数での作業がしやすい
・お手伝い型キッチンに向く
【短所】
・乱雑になりやすい

いずれにせよ、それぞれの長所と短所をしっかり把握したうえで、こだわりたいポイントを決めていくことが大切。ワークトライアングルと使いやすさの関係も頭に入れながら、じっくり検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です