キッチンの3スタイル

対話型のオープンタイプ
料理に専念できるクローズドタイプ

 

ここでキッチンのスタイルについて考えてみましょう。キッチンには「オープン」「セミオープン」「クローズド」の3つのスタイルがあります。レイアウトだけでなく、ほかの空間とのつながりも考慮して、どのタイプが適しているかをチェックしてみましょう。

 

オープンタイプ

オープンキッチンは「DK」「LDK」のようにダイニングキッチン、またはリビングダイニングとキッチンが一続きになった形です。コミュニケーションがとりやすい点が魅力ですが、キッチン内部が目に入りやすいという欠点もあります。また、ニオイや煙などが気になりやすいので、換気設備に配慮が必要。これは、ダイニングキッチンにするかLDKにするかでも、対処の仕方は違ってくるでしょう。

 

[壁づけ]
コンプクトに収まるので動線が短く、作業効率は高くなります。一方で、リビングダイニングからキッチンの中が丸見えになってしまうという欠点も。また子どもが視野に入りにくくなります。

[対面]
カウンター越しにリビングをみながら作業ができるタイプ。子どもの様子を見ながら家事を行うことができ、シンク前の腰壁を高くすれば、リビングからキッチンの乱雑さをいくらか目隠しできます。

クローズドタイプ

一方、独立型のクローズドタイプは、作業に専念できるという点で料理好きの人に人気があります。しかし、どうしてもコミュニケーションがとりづらくなるので、キッチンが孤立しすぎないよう、出入り口の場所などに工夫をするとよいかもしれません。
そして、この両者の欠点を補った形が、セミオープンタイプ。収納キャビネットつきのカウンターなどでキッチンとリビングダイニングを仕切る形です。コミュニケーションをとりながらもキッチン内の気になる部分を隠せるので、小さな子どものいる人などに好まれやすいスタイルです。

 

[壁づけ]
料理に集中したい人におすすめの独立型キッチンで、4〜5畳程度の広さが適当です。ニオイや煙などの心配はありませんが、ダイニングへの配膳がしにくく、またコミュニケーションをとりにくいのが欠点。

セミオープンタイプ

リビングダイニングとの間仕切りに一部開口部を設け、お互いにコミュニケーションがとれるようにした形。間仕切りとなるカウンターの上部などを収納スペースとして活用することもできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です