使いやすいキッチンの法則

 
使いやすいキッチンとは、調理から盛りつけまでの作業を、気持ちよく効率よく進めることができるキッチンのこと。では、そんなキッチンにするためには、何が大切なのでしょう?
 

移動は横歩き2歩以内が原則!

洗って、切って、盛りつけて……という一連の動作を考えたとき、使い勝手の良し悪しを左右するのはキッチンのレイアウトです。キッチンに立っている時間は思いのほか長いもの。あちらに野菜を取りにいき、こちらで洗って、また戻って火をつけて、と無駄な動きを強いられるレイアウトでは、毎日使い続けているうちに、必要以上の疲れがたまってしまいます。「移動は横歩きで2歩までが限界」これが使いやすいキッチンの原則です。目安としては、シンクからコンロまでの距離を90cm以内に収めること。これ以上長いと作業中の移動が多くなり、使いにくくなってしまいます。
 

どんなキッチンスタイルでも2歩以内に

「移動は横歩きで2歩まで」の法則は、一列に並んだI時型やアイランド型はもちろん、L時型やコの字(U字)型、T字型でも同様です。カウンターを2列にしたⅡ型も、身体の向きは変えるにせよ、移動は2歩までという基本は変わりません。
無駄な動きをしなくてすむのが、使いやすいキッチンです。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です