水まわりの配置のポイント① 給排水管の集約

給排水管をまとめるとムダが減る!

toto%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

キッチンやバスルームなどの水まわりは湿気がこもりやすいので、採光や通風、換気等が十分に確保できる場所に設置しましょう。

水まわりを集約してプランニングすると、設計上、 給排水管が短くて済み、材料費、配管工事費を抑えることもできます。また、メンテナンス工事がしやすいというメリットも。

水まわりの中でもキッチンと洗濯コーナーが近いと、料理と洗濯を同時進行できるなど、家事の効率がよくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です