水まわりの配置のポイント③ 上階配置の注意点


  上階へ水まわり設備を置く場合の注意点

 

 上階へ水まわりを置くときに注意したいのが、防水、漏水、

荷重対策です。

 

%e6%b4%97%e6%bf%af%e6%a9%9f%e6%b0%b4%e6%bc%8f%e3%82%8c%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88 上階での水漏れは、家全体に深刻なダメージを

与える可能性があるので、防水性の高いものを

導入するなど、プラスαのケアが必要です。

そのため、上階に水まわりを設けると、どうして

もコストがかかってしまいます。

 

 上下階に水まわりを振り分けるときには、上下で配置を揃えて

配管のムダを抑えるなど 、工事費を節約する工夫が必要です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です