水まわりの配置のポイント④ 将来を見据えて


 将来を見据えて使いやすいプランに

 

 家は長く住むものです。今の使い勝手だけでなく、10年後、20年後に

目を向けておくことも大切。不測の事態に備えておけば、いざというとき

に余計なコストがかかりません。

 

 例えば、手すりの下地を壁に埋め込んでおく、洗面所やトイレの出入口

を広くしておく、バスルームと脱衣所の間に段差をつくらない、洗面台の

下をあきスペースにして車椅子でも使いやすくしておくなどです。

 

 10年先を想像してプランを立てましょう。

 

toto%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です