“生活動線”を工夫する!

 

 “動線”が便利な水まわり作りのポイント~生活動線~

 

 家族の生活パターンを考慮して決める

 

 %e5%8b%95%e7%b7%9a動線とは、人の動きを線で表した

   ものです。玄関からリビング、トイレ、

バスルームへの移動など、家族の日常的

な動きを生活動線といいます。この生活

動線が、短く単純であるほど、家の中を

効率的に移動することができます。


 水まわりは毎日の暮らしのなかで頻繁

に利用する場所。スムーズな動線が描けるように意識しながら、

水まわりをプランニングしたいものです。まず、家族の動線を

把握することから始めましょう。

 

 例えば、朝に使用が集中する洗面所。家族がどの時間に

どう動くかを確認しておけば、狭いスペースでもスムーズに

使える具体的なプランが見えてくるはずです。

 

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af

 

  リビングやダイニングなど家族の集まる場所から、洗面所や

 トイレへ行くルートを複数用意しておくと、活動線がスムーズ

 になります。

 

 %e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%84%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc

家族が頻繁に使うトイレや洗面所などに行くルートがひとつ

 しかないと、忙しい時間帯に混雑したり、スムーズに動くこと

 ができなくなります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です