給湯設備を選ぶコツ!

 
省エネ機器で経済的にお湯を沸かし、お風呂はスイッチひとつで簡単操作。そんな快適な給湯システムを選ぶポイントを紹介します。
 

生活スタイルに合わせてタイプを選ぶ

電気もガスも省エネ化が進行中

給湯設備は大きく分けて電気式とガス式のふたつがあります。電気式は電気ヒーターで熱したお湯を貯湯タンクにためて利用します。使うたびにお湯を沸かすと光熱費が高くなるので、電気料金の安い夜間電力でまとめて沸かすタイプが主流です。また、空気の熱を使って電気の負担を減らす「エコキュート」という省エネ設備もあります。設置コストは割りだ他ですが、ランニングコストが安いので、現在、急速に普及しています。
一方、ガス給湯器の多くは、使うたびに沸かすタイプがほとんど。貯湯タンクが不要なので省スペースになるという利点があります。また、ガス式の省エネ設備に、エネルギーを効率的に使う「エコジョーズ」があります。
電気とガスを選ぶときには、リフォームなら、工事費が抑えられるので、今までと同じ方式がおすすめです。新築の場合は、オール電化やガス併用住宅、マイホーム発電などのさまざまな選択肢が考えられます。
 

生活スタイルに応じて給湯能力などを選ぶ

給湯設備で気になるのが給湯能力です。下に挙げたように、電気、ガス、それぞれの製品に号数やリットル数で能力を示すグレードがあり、本体価格も違います。
キッチンとバスルームを同時に使う時間帯に、給湯が不足するととても不便なので、浴槽サイズを考えて、給湯能力を決める必要があります。また、浴槽の湯張りは電気、ガスともにオート機能が充実し、保温、追い焚きなどの機能もあります。
 

設備条件は位置や床暖房の有無などでも違う

浴室やキッチンが2階以上の場合、より高い水圧が求められます。製品によって2階以上に対応していなかったり、ポンプなどの付帯工事が必要だったりするものがあるので確認しましょう。そして、温水式床暖房を使う場合は、暖房を含めた給湯能力をチェック。使いはじめてから不便のないよう、自分の家に応じた給湯を、設計者と打ち合わせることが大切です。
 

給湯設備の種類

電気式

・電気温水器
・エコキュート
 熱した湯をためておいて使う貯湯式。湯温は常時安定。貯湯量が少ないと、不経済になる場合も
 貯湯タンクやファンを置くスペースが必要
 

ガス式

・ガス給湯器
・エコジョーズ
 水道水を瞬間加熱。湯切れの不安なし。断続的に使うと湯温が不安定になることも
 貯湯タンクなし。場所をとらない
 

マイホーム発電併用

・ガスエンジン式
・燃料電池式
 電気式と同様に貯湯式
 貯湯タンクや発電機器を置くスペースが必要
 

ガス給湯器の給湯能力の目安

1分間に水温+25℃のお湯を何リットル出せるか

4人家族 24リットル=24号
 大家族向け32リットル=32号
 一般家庭でよく用いられるのは20〜24号
 
エコキュートと電気温水器の給湯能力の目安
 貯湯タンクの容量
 4〜5人家族 370リットル
 5〜6人家族 460リットル
一般家庭でよく用いられるのは370リットル
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です