「家事ラク」リフォームにかかる費用

家事をラクにできる家づくりにこだわると…?

基本のキッチン設備の利便性を求めるのはもちろんだが、周辺機器や空いたスペースも有効に活用して家事を効率的に行おう。
それぞれのケースでだいたいどれくらい費用がかかるのかをみていく。

パントリーを設置する

約11万円増

キッチンの近くにあると、食品のストックに重宝するパントリー。内部に棚、出入口に建具を設ける費用をみておく必要がある。広さによって造作が増えて費用も変わる。
内部にも建具を用いるとその分コストが上がるが、キッチンと隣の部屋で使うもの両方を収納できるので便利。

キッチン近くに家事コーナー

約6万円増

キッチンのそばに家事コーナーを設けると、パソコンを使ったり、子どもの学校の書類を整理したりなどに使える。空きスペースを利用して、デスクや棚を造り付ければOK。収納付きの家事カウンターもある。費用はサイズの大きさに影響をうける。

食器洗い乾燥機を設置

約10.8万円増

食器洗い乾燥機は家事を助けてくれ、節水にもなる。ビルトインタイプを取り入れたい場合は、システムキッチンの構成を決める際に選んでおこう。
海外製の食器洗い乾燥機を導入すると、費用は20〜30万円ほどかかるものの、1日分の食器が一度に洗えて便利。省エネナビ機能がついたものも必見。

キッチンにカウンターをつける

約17万円増

カウンターは、ダイニングテーブルを兼ねたり、調理台になったりと多目的に使えるほか、パーティーにも活躍する。テーブルに加えシンクなど付加機能の造作費用がかかる。
シンク付きのカウンターを設置する場合、シンク設置と配管工事費だけで10万円程度みなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です