クッキング

キッチンリフォームの考え方

作業のしやすさに加え目線の位置にも注意

収納はスペースを効率良く生かして

キッチンはオープンにするのか、セミオープンか、独立型かといったスタイルから決めます。リビングやダイニングにいる人とのコミュニケーションも配慮し、不満点を整理して、わが家に合うスタイルを探しましょう。
オープンにしたいが、シンクの中が見えるのは嫌であれば、カウンターを高くしたり、格子を造作したりという方法もあります。
また、キッチンは収納をどう確保するかも大きなテーマです。カウンター下など、デッドスペースを上手に活用しましょう。

必要な設備・器具は?

・IH/ガスコン口
・レンジフード
・換気扇
・給湯リモコン
・インターホン
・火災警報器(熱式)

あると便利

・専用コンセント
・足元暖房
・フットスイッチ(水の出止め)
・バーベキューグリル

どんなことに配慮する?

・各キッチン形式のメリットデメリットを確認し、家族形態に合わせる
・キッチンの位置を変えるなら、給水・配水管の経路の再検討が必要となる
・リビング+ダイニング+キッチン、ダイニング+キッチンの場合、目線の位置を確認

照明計画の考え方は?

・全体照明と作業用部分照明を設ける
・広さ3-〜5畳の場合は、インバーター蛍光灯で40W, 5〜7畳の場合は80W
※キッチンスペースは電気を多く消費するので、現在の回路契約を要確認

広さ・寸法の目安は?

・キッチンの幅は2.4m以上あると使いやすい
・キッチンと背面の食器棚の間は90cm以上確保する
・冷蔵庫はダイニング側から近い位置か、それとも一番奥か検討
(冷蔵庫の扉の開閉方法に影響する)

湿気、換気の対策は?

・臭いや煙の発生する場所なので空気の循環に工夫が必要
・採光と通風、換気を兼ねた小窓があると快適
・勝手口を設けると、通風も可能に
・給気口と排気口の位置の確認をする

仕上げはどうする?

・長い時間立って作業をすることもあるため下半身が疲れないように弾力性のある材料を選ぶ

例えばこんな材料

床:クッションフロア、コルク
壁:キッチンパネル、ハードなビ二ールクロス、タイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です