キッチンテラス

キッチンリフォーム用語集

リフォームを行う際にはリフォーム会社とのコミュニケーションが非常に重要です。リフォームにまつわる言葉を理解していないせいで、誤解をまねいてしまったり、完成形が思っていたものと違ってしまったり。そんなトラブルを防ぎ、リフォーム会社とのコミュニケーションを円滑に進めるためにも、このページでキッチンのリフォームにまつわる言葉を学習しましょう。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

●IHクッキングヒーター
電磁調理器。火を使わず調理できることや、コンロ部がフラットなため掃除がしやすい点も人気。リフォームで新たに設置する場合は、専用回路が必要となることが多い。

●I型キッチン
シンクとコンロ、作業スペースを一列に配したコンパクトなキッチンのこと。

●相見積もり
工事を発注する前に、複数の施工会社に見積もりを依頼すること。同じ内容で見積もりを出し、上がってきた内容を比較検討して、施工会社を決めるときの参考にする。

●アイランド(キッチン)
キッチンの中央スペースにアイランド(島)のようなカウンターキッチンを設けるレイアウト。壁に設けたI型やL型のキッチンに加えることも。 「作業スペースが増える」「家族で調理できる」と好評だが、他のレイアウトよりも広いスペースが必要。

●L型キッチン
コンロとシンク、作業スペースをL字形にレイアウトしたキッチン。

●オープンキッチン
キッチンとダイニング、リビングまでひと続きになったキッチンのこ
と。コミュニケーションがとりやすい半面、キッチンでの作業がまる見えになってしまったり、調理中のにおいがリビングスペースにまで流れてしまうというデメリットもあり。

●カウンターキッチン
キッチンとダイニングスペースとの間にカウンターが設けられているキッチンのこと。配膳台としても使えるほか、LDにいる人と会話を楽しめるため人気が高い。作業の手元をさりげなく目隠しすることもできる。

●力ウンタートップ
調理するための作業台の天板のこと。「ワークトップ」とも呼ぶ。

●家事動線
調理や洗濯など、家事をする際の動きの経路。一般的に、家事動線が短い間取りは家事が効率よくできる。

●キッチンパネル
キッチンの壁に使用するパネルのこと。コンロ周辺は油はねが多いので、汚れがつきにくく、掃除がしやすいメラミン材やステンレス、アルミ、ホウロウなどで仕上げられている。

●クローズド(キッチン)
リビングやダイニングに対して開口部を小さくとり、独立しているキッチンスペースのこと。

●契約金
工事契約の際に支払う工事費用のこと。通常、工事費用の3分の1を目安に支払う。

●建築基準法
新たに建物を建てる際の基本的ルールを定めた法律。建物の性能を保ちつつ、住人の居住性を保つためのルールが定められている。

●建築基準法改正
1981年に行われた建築基準法の改正では、建物の耐震性能に関する基準が大きく変更されたため、中古マンションを購入するときは1981年以降に建てられたマンションをすすめる人もいる。建築基準法は2006年にも改正されており、ここでも耐震基準に関する改正が行われている。

●古材
古い民家などで使われていた建材のこと。民家の解体時などに運び出され、新たに建築部材として使用される。古材風に加工された建材も増えている。

●固定金利
住宅ローンの金利タイプのひとつ。借入時の金利が返済の最後まで適用される。返済計画が立てやすいというメリットがある。

●固定資産税
所有している不動産に対してかけられる地方税のこと。年1回、1月1日にかけられる。

●在宅リフォーム工事
住みながらリフォームを行うこと。水まわりなど、住宅の一部だけをリフォームする際に行う。

●住宅口ーン控除
景気の変動によって制定される、住宅ローンを利用する際の特別控除のこと。 所得税から一定の金額が控除される。

●竣工検査
工事完了時の検査のこと。「フラット35」などの長期固定金利ローンなどを利用した際は、ローンの条件に適合しているかどうか、竣工検査の際に指定確認検査機関の検査を受ける。

●人造大理石
人工的に作られた大理石風の建材のこと。キッチンや洗面台のカウンター部、浴槽などに用いられることが多い。大理石に近い風合いを備えているため、一尚級感がある。また、耐衝撃性や耐久性にすぐれており、加工性も高い。素材はポリエステル樹脂系とアクリル樹脂系がある。

●セミクローズド(キッチン)
LDスペースに対して開口部を設けず独立しているクローズドキッチンに対し、カウンターなどでLDに対して目隠しをしつつ、ほどよく開口部を設けたキッチンのこと。

●専有部分
マンションの住人全員で共用している共用部分に対し、マンションの住戸人が所有している部分のこと。具体的には内装や間仕切り壁、設備などをさす。専有部分については住戸人が自由にリフォームすることができる。

●ダクト
汚れた空気を室内から戸外へ排出する排気管。

●中間金
着工時もしくは工事の途中で支払う工事費用のこと。通常、工事費用の3分の1を目安に支払うが、小規模リフォームのときは中間金がないケースも多い。

●Ⅱ型キッチン
作業台を二列に配したキッチンのレイアウト。コンロとシンクを平行に配置することで、作業動線を短くすることができる。比較的コンパクトなスペースでも設置可能。

●ハッチ
キッチンとダイニングの間に設けられる開口部のこと。配膳の際に両側から食器などを出し入れすることができる。

●ビルトイン
あらかじめ造りつけになっている家具や設備のこと。また、家具などに設備が一体化するように設置されている状態。

●不動産取得税
不動産を購人した際にかかる地方税のこと。購入したときに1回だけかけられる。

●不動産登記
購入した住宅を登記簿に登記すること。登記の際は、登録免許税のほか、登記書類を作成する司法書士への支払いが必要となる。

●返済可能額
ローンを返済する際、通常の生活をおくりながら返済できる金額。通常、住宅費用は収入の25%が目安といわれている。

●変動金利
金融情勢の変動に合わせて、返済途中で変わる住宅ローンの金利タイプ。年2回行われる金利の見直しに沿って変動する。

●ボーナス時加算
ローンを返済する際、ボーナスの月に返済額を一定額加算して返済すること。

●見積もり
リフォーム会社から提出される工事費用の計算のこと。着工前に概算見積もりを出してもらい、プランが確定した段階で、詳細見積もりを出してもらうのが一般的。

●モジュール
設計の際の基準となる寸法。日本建築では畳のサイズが基本寸法となっていたため、基本モジュールは90cmだったが、最近では1mを基準とするメーターモジュールを採用することも多い。

●養生
工事中に汚したくない部分をシートなどでカバーすること。工事中に発生するホコリや塗料の飛散による汚れ、建材などの落下によるキズなどを防ぐ。

●ワークトップ
調理するための作業台の天板のこと。「カウンタートップ」とも呼ぶ。

ほかにもリフォームに関連する用語はたくさん。わからないことはためらわず、リフォーム会社に直接聞いて納得してから契約・工事に進もう。

トップに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です