S字接続

排水管接続の注意点

排水管接続の2つの方法

システムキッチンのシンクの下は、開き戸のキャビネットになっています。シンクから流れた水は、そのキャビネットの内部につくられた排水設備(排水管用ジョイント)を通って床下の排水管に流れていくわけです。

この接続には、2種類の方法があります。一つは、シンクの排水ロからジャバラ状のホース(排水ジャバラ)が出ていて、そのホースが排水管からつながっている塩化ビニール製の筒の中に入っている方式です。

なぜシンクから出たホースがジャバラになっているのかというと、排水管工事のときにはまだシステムキッチンのシンクの位置など正確にわかりませんし、わかったとしても、シンクの排水ロの位置とぴったりに受け口をつくっておくことが難しいからです。微妙にズレるのが当然で、その位置調整をジャバラ状のホースで行うわけです。

もうーつの方法は、シンクの排水ロから床下の排水管まで、密閉した排水管でつなげるというものです。

ジャバラの排水管接続はメリットなし

複数世帯が暮らすマンションでは、定期的に排水管の高圧洗浄を行います。このとき、ジャバラ接続になっているとシンク下のキャビネットが水浸しになってしまうので、通常は排水ジャバラは使えないことになっています。

ただ、一戸建ての場合には、前述の工事の理由とコストの理由から排水ジャバラが使われるケースが多いのです。しかし、排水ジャバラの接続だと、排水管からシンクまでの空間が密閉されていないため、一戸建てであっても時に不都合が生じることがあります。

たとえば、何かの理由で排水管が詰まってしまったとき、シンクから流した水は排水ジャバラが突っ込んである塩ビ管からあふれ出してしまいます。マンションで高圧洗浄を行った場合と同じことになるわけです。また、排水ジャバラと排水管へつながる管との隙間から、ゴキブリなどの虫も入り込んできます。一戸建てでもマンションと同じようにシンクから排水管までを直接配管でつなげてしまえば、このようなトラブルは起こりません。

価格競争をしている業者は、お客様にそこまで説明しないで、当然のように排水ジャバラを使います。お客様のことを考えて配管接続を提案する業者は、高いと言われてしまい、結局は見積もり競争に負けてしまうことも多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です