カテゴリー別アーカイブ: 費用

あとから後から請求されないために

見積もり落としは業者のミスですから、本来は請求できるものではありません。しかし、リフォームではさまざまな要件がかかわってくるので、どこまでを見積額に入れるべきかはグレーゾーンになっている、という面もあります。
そのことを知っていて、わざと見積額に入れないものもあります。

見積もり落としの例

たとえば、キッチンのリフォームでシステムキッチンを入れるとき、ビルトインで食洗機も付いていることがあります。もちろんお客様は納得済みで、食洗機があるからそのシステムキッチンに決めたのです。

ところが、リフォームが完成して引き渡しになって、 奥さんが食洗機を使ってみると、ブレーカーが落ちてしまう。何度やっても同じです。実はメーカーのマニュアルには「15や20アンペアの専用コンセントが必要」と書いてあります。それを付けていないからブレーカーが落ちてしまう。

しかし業者は、専用コンセントの設置にかかる費用を見積書に記載していません。「それでは困るから追加で付けてくれ」と言うと、追加料金(15,000円程度)を要求してきます。それくらいなら仕方ないから追加で依頼すると、今度は分電盤のほうに、新しいコンセントの空きがありません。分電盤の交換が必要で、15万円もかかると言われるわけです。

おそらくこの業者は、打合せの段階でこのことは理解していたはずです。しかし、見積書の額面が165,000円も高くなれば、ほかの業者からも見積もりを取るかもしれません。キッチンのリフォームを頼まれたのだから、よけいなものは加えず、リフォーム費用だけ書いて契約してしまえばいい…。こうして、意図的に「見積もり落とし」をやってくることもあるのです。

見積・契約段階で必要経費をしっかり確認

「必要になったから追加でやっておきますか?」と聞かれますが、食洗機が使えないのは困るわけですから、やるのは当然です。しかし、そこでお客様の意思で追加で依頼するような形にもっていくのは、よくない業者のやり口なのです。

このケースは、法廷で争えば、業者が負けるかもしれません。でもグレーゾーンですし、そこまでやるお客様はいません。追加工事については、念入りに確認しておくべきです。

契約→ショールームの罠

グレードアップを狙っている?

システムキッチンなどの大型の設備が含まれるリフォームは、コストの大きな部分がその費用で占められます。

お客さんから「できるだけ安く」と言われていたり、「高ければ他社に」という素振りを見せられたりすると、業者は当然見積もりを頑張ってきます。そして契約が済んだあとで、「最終的にこのシステムキッチンでよいかどうか、一度見学がてらショールームへ行ってみませんか」と誘います。このように契約後にショールーム見学を勧める業者は、そこでグレードアップを狙っているのです。

いいモノを見せられる

実物を見れば欲しくなるものです。システムキッチンは主に女性の城とも言われるキッチンの重要な設備ですから、理屈よりも感覚で考える女性は、とくに現物を見せられると「やっぱり、高いものはいいわね」と実感して、「少しくらい出しても良いものを使ったほうがトク」という気持ちになるものです。

システムキッチンなどでは、すぐに100万円くらい上がってしまいます。業者の見積書を見るときは数千円まで値切るのに、現物を見れば「このくらい出してもしょうがないか」という気持ちになるのは当然のことかもしれません。

見積もりの額面だけでは判断しない

もちろん、予定していた設備よりもグレードを上げることは、決して悪いことではありません。業者も、それは嬉しいでしょう。

しかし、契約を取るまではカタログで済ませ、判を押してもらってからショールームに連れて行き、現物を見て専門の営業に勧めてもらうというやり方はずるいのではないでしょうか。ショールームで見ることもよいのですが、それは契約前に見てもらって、全体の見積額に反映しなければルール違反ではないかと思います。

皆さんの立場で考えると、数社から相見積もりを取った場合には、それぞれの会社が見積もっている内容を同じにしないと、結果的に相見積もりを取った意味がなくなるということです。キッチンであれば、設備の商品を同じ(価格の)ものにしないと、リフォームにかかる費用を本当に比べたことにはならないのです。

見積書の額面だけで判断して安いほうの会社を選ぶと、じつは工事費用などのリフォーム代はほかの会社のほうが安かった、ということにもなりかねないので注意が必要です。

「家事ラク」リフォームにかかる費用

家事をラクにできる家づくりにこだわると…?

基本のキッチン設備の利便性を求めるのはもちろんだが、周辺機器や空いたスペースも有効に活用して家事を効率的に行おう。
それぞれのケースでだいたいどれくらい費用がかかるのかをみていく。

パントリーを設置する

約11万円増

キッチンの近くにあると、食品のストックに重宝するパントリー。内部に棚、出入口に建具を設ける費用をみておく必要がある。広さによって造作が増えて費用も変わる。
内部にも建具を用いるとその分コストが上がるが、キッチンと隣の部屋で使うもの両方を収納できるので便利。

キッチン近くに家事コーナー

約6万円増

キッチンのそばに家事コーナーを設けると、パソコンを使ったり、子どもの学校の書類を整理したりなどに使える。空きスペースを利用して、デスクや棚を造り付ければOK。収納付きの家事カウンターもある。費用はサイズの大きさに影響をうける。

食器洗い乾燥機を設置

約10.8万円増

食器洗い乾燥機は家事を助けてくれ、節水にもなる。ビルトインタイプを取り入れたい場合は、システムキッチンの構成を決める際に選んでおこう。
海外製の食器洗い乾燥機を導入すると、費用は20〜30万円ほどかかるものの、1日分の食器が一度に洗えて便利。省エネナビ機能がついたものも必見。

キッチンにカウンターをつける

約17万円増

カウンターは、ダイニングテーブルを兼ねたり、調理台になったりと多目的に使えるほか、パーティーにも活躍する。テーブルに加えシンクなど付加機能の造作費用がかかる。
シンク付きのカウンターを設置する場合、シンク設置と配管工事費だけで10万円程度みなければならない。

リフォームの費用を把握する

リフォーム以外の費用を確認して支払いに備える

マンションリフォームの場合、すでに住んでいるマンションをリフォームする場合と、中古マンションを購入して、入居前リフォームを施すケースがあります。どちらの場合もリフォーム以外の出費があるため、あらかじめどれぐらいかかるか試算しておき、予想外の出費にあわてることのないようにしましょう。
すでに住んでいる住まいをリフォームする場合、注意したいのは仮住まいと引っ越しの費用。ただし、住みながらリフォームする場合は、これらは不要です。
中古マンションを購人してからリフォームする方は、購入する際の諸費用に要注意です。

買ってリフォームする場合

リフォーム以外に必要な費用は…
・住宅購入費用
・住宅口ーン保証料・生命保険料
・不動産会社の仲介手数料(場合による)
・売買契約書の印紙税
・登録免許税
・不動産取得税
・消費税
・固定資産税

見落としがちなのが、中古マンションを購入する場合の諸費用。どうしてもマンションの購入費用に目がいきがちですが、住宅口ーンの保証料や、口ーン加入の際に必要となる生命保険料、不動産の取得の際に生じる取得税や消費税、固定資産税などを含む諸費用は、現金での支払いが必要となります。

住んでからリフォームする場合

リフォーム以外に必要な費用
・仮住まいの家賃
・引っ越し費用
・家具などの保管費用

住んでいるマンションをリフォームする場合、工事期間中は仮住まいが必要となります。住んでいる住まいよりも小さな物件を借りることが多いため、家具などはレンタル倉庫などに預けておくのが一般的。仮住まいの家賃+敷金・礼金はもちろん、レンタル倉庫の保管料や、引っ越し代金なども考慮に入れておきましょう。

見積もりチェックで無駄なコストを減らす!

コストを抑えるためには、見積もりの段階で無駄がないか確認する
ことが必要です。そのときには相見積もりをとることは効果的です。

見積書に表れる各社の性格を読む

まずは2〜3社に見積もりを依頼しましょう。この際、仕上がりのイメージゃ希望のディテールをすべて伝え、各社に同じ条件で見積もりを出してもらうことが大切です。見積書には、その会社の姿勢があらわれます。よくチェックしましょう。
見積書は会社によって形式が異なります。比較検討することで、きちんと詳細まで記載されているか、余計な項目がないか、必要な項目が不足していないかを確認することができます。また、設備機器についてはリフォーム会社を通じて値引き購入できるのが通常ですが、見積もり段階で、各社の値引き率を見ることもできます。

以下が見積書でチェックすべき項目です。

  • 会社名や住所について間違いがないか、確認しておこう。
  • リフォーム費用の支払いは、2〜3回に分割して支払うことが多い。支払いのタイミングや金額を確認しておくこと。
  • 明細書と金額が合っているかもチェック。
  • 工事項目を確認。相見積もりの場合は他社の見積もりの内容を確認して、よけいな項目はないか(または足りない項目はないか)チェックを。
  • 他社の見積もりと比較しながら項目を確認して、よけいな項目(または足りない項目)がないか確認を。意味がわからない部分は、必ずリフォーム会社に質間して。
  • 金額を他社の見積もりと比較しながらチェック。どれだけ値引きしているかを確認できる。
  • 自分が希望していた設備の品番が入っているか、必ず確認を。間違った品番のまま契約してしまうと、あとでトラブルのもとに。
  • 他社の見積もりと比較しながら、金額をチェック。他社より極端に高い場合(または安い場合)は、その理由を確認しながら、各工事費用の適正な価格を把握する。
  • キッチンリフォーム用語集

    リフォームを行う際にはリフォーム会社とのコミュニケーションが非常に重要です。リフォームにまつわる言葉を理解していないせいで、誤解をまねいてしまったり、完成形が思っていたものと違ってしまったり。そんなトラブルを防ぎ、リフォーム会社とのコミュニケーションを円滑に進めるためにも、このページでキッチンのリフォームにまつわる言葉を学習しましょう。

    あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ●IHクッキングヒーター
    電磁調理器。火を使わず調理できることや、コンロ部がフラットなため掃除がしやすい点も人気。リフォームで新たに設置する場合は、専用回路が必要となることが多い。

    ●I型キッチン
    シンクとコンロ、作業スペースを一列に配したコンパクトなキッチンのこと。

    ●相見積もり
    工事を発注する前に、複数の施工会社に見積もりを依頼すること。同じ内容で見積もりを出し、上がってきた内容を比較検討して、施工会社を決めるときの参考にする。

    ●アイランド(キッチン)
    キッチンの中央スペースにアイランド(島)のようなカウンターキッチンを設けるレイアウト。壁に設けたI型やL型のキッチンに加えることも。 「作業スペースが増える」「家族で調理できる」と好評だが、他のレイアウトよりも広いスペースが必要。

    ●L型キッチン
    コンロとシンク、作業スペースをL字形にレイアウトしたキッチン。

    ●オープンキッチン
    キッチンとダイニング、リビングまでひと続きになったキッチンのこ
    と。コミュニケーションがとりやすい半面、キッチンでの作業がまる見えになってしまったり、調理中のにおいがリビングスペースにまで流れてしまうというデメリットもあり。

    ●カウンターキッチン
    キッチンとダイニングスペースとの間にカウンターが設けられているキッチンのこと。配膳台としても使えるほか、LDにいる人と会話を楽しめるため人気が高い。作業の手元をさりげなく目隠しすることもできる。

    ●力ウンタートップ
    調理するための作業台の天板のこと。「ワークトップ」とも呼ぶ。

    ●家事動線
    調理や洗濯など、家事をする際の動きの経路。一般的に、家事動線が短い間取りは家事が効率よくできる。

    ●キッチンパネル
    キッチンの壁に使用するパネルのこと。コンロ周辺は油はねが多いので、汚れがつきにくく、掃除がしやすいメラミン材やステンレス、アルミ、ホウロウなどで仕上げられている。

    ●クローズド(キッチン)
    リビングやダイニングに対して開口部を小さくとり、独立しているキッチンスペースのこと。

    ●契約金
    工事契約の際に支払う工事費用のこと。通常、工事費用の3分の1を目安に支払う。

    ●建築基準法
    新たに建物を建てる際の基本的ルールを定めた法律。建物の性能を保ちつつ、住人の居住性を保つためのルールが定められている。

    ●建築基準法改正
    1981年に行われた建築基準法の改正では、建物の耐震性能に関する基準が大きく変更されたため、中古マンションを購入するときは1981年以降に建てられたマンションをすすめる人もいる。建築基準法は2006年にも改正されており、ここでも耐震基準に関する改正が行われている。

    ●古材
    古い民家などで使われていた建材のこと。民家の解体時などに運び出され、新たに建築部材として使用される。古材風に加工された建材も増えている。

    ●固定金利
    住宅ローンの金利タイプのひとつ。借入時の金利が返済の最後まで適用される。返済計画が立てやすいというメリットがある。

    ●固定資産税
    所有している不動産に対してかけられる地方税のこと。年1回、1月1日にかけられる。

    ●在宅リフォーム工事
    住みながらリフォームを行うこと。水まわりなど、住宅の一部だけをリフォームする際に行う。

    ●住宅口ーン控除
    景気の変動によって制定される、住宅ローンを利用する際の特別控除のこと。 所得税から一定の金額が控除される。

    ●竣工検査
    工事完了時の検査のこと。「フラット35」などの長期固定金利ローンなどを利用した際は、ローンの条件に適合しているかどうか、竣工検査の際に指定確認検査機関の検査を受ける。

    ●人造大理石
    人工的に作られた大理石風の建材のこと。キッチンや洗面台のカウンター部、浴槽などに用いられることが多い。大理石に近い風合いを備えているため、一尚級感がある。また、耐衝撃性や耐久性にすぐれており、加工性も高い。素材はポリエステル樹脂系とアクリル樹脂系がある。

    ●セミクローズド(キッチン)
    LDスペースに対して開口部を設けず独立しているクローズドキッチンに対し、カウンターなどでLDに対して目隠しをしつつ、ほどよく開口部を設けたキッチンのこと。

    ●専有部分
    マンションの住人全員で共用している共用部分に対し、マンションの住戸人が所有している部分のこと。具体的には内装や間仕切り壁、設備などをさす。専有部分については住戸人が自由にリフォームすることができる。

    ●ダクト
    汚れた空気を室内から戸外へ排出する排気管。

    ●中間金
    着工時もしくは工事の途中で支払う工事費用のこと。通常、工事費用の3分の1を目安に支払うが、小規模リフォームのときは中間金がないケースも多い。

    ●Ⅱ型キッチン
    作業台を二列に配したキッチンのレイアウト。コンロとシンクを平行に配置することで、作業動線を短くすることができる。比較的コンパクトなスペースでも設置可能。

    ●ハッチ
    キッチンとダイニングの間に設けられる開口部のこと。配膳の際に両側から食器などを出し入れすることができる。

    ●ビルトイン
    あらかじめ造りつけになっている家具や設備のこと。また、家具などに設備が一体化するように設置されている状態。

    ●不動産取得税
    不動産を購人した際にかかる地方税のこと。購入したときに1回だけかけられる。

    ●不動産登記
    購入した住宅を登記簿に登記すること。登記の際は、登録免許税のほか、登記書類を作成する司法書士への支払いが必要となる。

    ●返済可能額
    ローンを返済する際、通常の生活をおくりながら返済できる金額。通常、住宅費用は収入の25%が目安といわれている。

    ●変動金利
    金融情勢の変動に合わせて、返済途中で変わる住宅ローンの金利タイプ。年2回行われる金利の見直しに沿って変動する。

    ●ボーナス時加算
    ローンを返済する際、ボーナスの月に返済額を一定額加算して返済すること。

    ●見積もり
    リフォーム会社から提出される工事費用の計算のこと。着工前に概算見積もりを出してもらい、プランが確定した段階で、詳細見積もりを出してもらうのが一般的。

    ●モジュール
    設計の際の基準となる寸法。日本建築では畳のサイズが基本寸法となっていたため、基本モジュールは90cmだったが、最近では1mを基準とするメーターモジュールを採用することも多い。

    ●養生
    工事中に汚したくない部分をシートなどでカバーすること。工事中に発生するホコリや塗料の飛散による汚れ、建材などの落下によるキズなどを防ぐ。

    ●ワークトップ
    調理するための作業台の天板のこと。「カウンタートップ」とも呼ぶ。

    ほかにもリフォームに関連する用語はたくさん。わからないことはためらわず、リフォーム会社に直接聞いて納得してから契約・工事に進もう。

    トップに戻る

    自然エネルギーでecoなキッチンに

    前回、前々回の投稿ではガスや電気をつかった住宅の特徴を紹介しましたが、住まいのエネルギー源として太陽を活用する方法もあります。今回は太陽をエネルギー源とする太陽光発電と太陽熱給湯をみていきましょう。

    光だけでなく熱も利用できる

    光熱費を減らす太陽光発電と太陽熱給湯

    太陽光発電は、ガス併用住宅やオール電化住宅と組み合わせれば電気代も節約できます。ガス会社ではマイホーム発電に太陽光発電を組み合わせる方法も提案しています。マイホーム発電で電気の4〜5割をつくり、残りを太陽光発電で補い、電気の購入量をゼロに近づけるプランです。
    太陽光発電は、日照や天候、季節によってばらつきがあるので、電力会社と契約し、たりないときは電気を購入し、余ったときは電気を買ってもらうことができます。
    発電能力を確保するには、屋根に太陽電池モジュールをどれだけ置けるかがポイントです。ハウスメーカーなどでは太陽電池モジュールを標準装備した住宅商品を出しています。
    建築家と建てる家づくりやリフォームの場合には、現場を見てもらい、どの程度の電力がつくれるのか、調べてもらう形になります。
    設置コストは現在、一般的な装置で300万円以下に下がってきています。自治体で補助しているところもあるのでチェックしてみましょう。
    また、発電以外で太陽を利用する方法に、太陽熱でお湯をつくる太陽熱給湯もあります。以前は水を直接屋根に上げるような方法でしたが、現在は熱を伝える液体を利用するタイプがほとんどです。集熱効率、貯湯量、デザインなどが改善されているので、興味がある人はチェックしてみましょう。

    機械を使わずに節約するパッシブソーラー

    機械を使わずに太陽熱を利用して家の温度環境を快適にするパッシブソーラーというシステムもあります。
    原理は床下にコンクリートなどの蓄熱体を置き、冬は太陽熱で蓄熱体をあたため、夏は地中や夜間の冷気で蓄熱体を冷やしたりすることで、家の中の温度を調節するものです。
    また、家とコンクリートに温度差が生じると空気が循環しますが、今は換気効率を上げるためにファンを使うことが多いようです。ファンを回す電気は軽微なので太陽電池などでまかないます。完全に冷暖房が不要になるわけではありませんが、大がかりな設備を導入せずに光熱費を削減できるのが魅力です。そして、太陽熱給湯を組み合わせるなど複合的なシステムが提案されています。

    省エネルギー化が図れる自然の力の利用方法

    エネルギー源ではありませんが、雨水利用も実用化されています。トイレや庭の散水などにためた雨水を使い、水道代を節約します。また、通風性を確保したり、植物で建物を覆うだけでも光熱費が削減できます。そうしたプランを得意とする建築家もいます。エネルギーを考える延長で幅広い自然力に目を向けてはいかがでしょうか。

    太陽光発電のしくみ

    発電能力

    ・太陽電池モジュールの性能、設置可能数などで発電能力がかわります
    ・発電能力は最大出力のW数で示されます
    ・一般家庭向けの多くは、3kW〜5kW程度です
    ・出力3kW程度ですが、一般家庭の年間消費電力量をほぼまかなえる能力(実際には気象条件などにより、発電にバラツキが出るので、電力会社と電気を売り買いします)