カテゴリー別アーカイブ: よくある質問

システムキッチンmitteの性能は?

TOTOのシステムキッチン”mitte”の性能をチェック

水が排水口に向かってスイスイ流れる

シンクの底面の傾斜が3°ついており、水が隅の排水口にむかって流れやすくなっています。

また、網かごはゴミがまとまりやすい形状になっており、かごの中にゴミがひっかかりにくく嫌な生ゴミ捨てもスマートに。

節水効果も抜群なエアインシャワー

シャワーは高めの位置に設置されており、洗い物スペースが立体的に大きくなるよう設計されています。高さのある鍋でもラクに洗えます。

水ほうき水栓はソフトとシャワーの2段階。シャワーは幅広く水が流れ出るようになっており、当たった水がパッと広がり食器や調理器具を洗い流してくれます。シャワーヘッドを伸ばしてくれば、シンクの内側も簡単に洗えます。

また、出てくる水には空気が含まれており、水の粒のボリュームが大きくなります。流す水の量が少なくてもしっかり洗い流してくれて、エコにも配慮しています。

ラクな姿勢でクッキング

フライパンを振りながら調味料をサッと取り出し、すぐに収納。使用頻度の高い物が上段へ納められるから、調理が一段とはかどります。背の高いびんなども上段の手前側へ収納できます。

使用頻度の高い物を上段へ集めることで、調理作業中にかがむ動作がグンと減ります。
けこみは高さを6cmにしてあり、キッチンマットを敷いても巻き込んだりするトラブルがありません。

LIXILのシステムキッチン商品比較

リシェル SI

料理を楽しみたい人のためのキッチン

道具の出し入れや食器洗い、掃除など、キッチンでの動きをとことん研究。スムーズな動きと自然な使い心地が嬉しいキッチンになっています。
SIのSはSmart、IはInnovationの略で、暮らしを洗練されたキッチンが変革する、そんなイメージのキッチンです。
シンプルなデザインでインテリアとの融和性も実現。
料理に集中しながらも、家族とコミュニケーションもおろそかにしない。家族でキッチンに向かう楽しみももてる、スマートなデザインです。

セラミックトップを選ぶことができ、ワークトップ、引出し底版、キャビネットなどに高品位素材のステンレスを使っています。収納力のよさも特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

リシェル PLAT

暮らしに重点をおいてつくられたリシェル PLAT

PLATはplatformにちなみ、暮らしのプラットフォームとして機能するキッチンになっています。シンプルなデザインでありながら、このキッチンを中心にお部屋の雰囲気を考えていける、そんな個性的な風合いも持ち合わせています。家具の計画もこのキッチンをもとにして立てられます。

全体的に統一されたシックでシンプルなデザインにより、食洗機もフル扉仕様だと隠れてしまいます。収納量はリシェルSIに比べると減りましたが、その分デザインを重視。

アレスタ

美しさと使いやすさの

すっきりしたデザインと機能的な形を求めている方に。
ディテールには細やかな配慮を加わっている一方、使い勝手にもこだわっています。。上質なキッチンが暮らしを心地よく彩ります。

ハンズフリー水栓を採用しているので、手を使わなくてもセンサーで水が出ます。センサーの性能もアップし、透明な食器なども感知できるようになっています。

シエラ

調理しやすいキッチンは当たり前。シエラは収納のしやすさも大切にし、そして美し。キッチンに求められる大切な魅力が込もっています。使いやすさを実感できる上質なキッチンです。

自慢の収納力

トレーボード収納は高さを確保。手前まで引き出せるようになっており、奥のものまで簡単に手が届きます。
収納棚にはアシストポケットが備わり、よく使うものを取り出しやすい位置にしまっておけます。

ウエルライフ

高齢者の利用に配慮したバリアフリーキッチン

車いすが必要な方にも対応した設計。座ったままお料理できます。
シンクは浅型になっており、水栓金具のヘッドは引き出して使えます。

手すりがついているので左右の移動もしっかりサポートしてくれます。
高さも使う人によってまちまち。そんなところにも配慮し1cmきざみで13種類選べるようになっています。

LIXILのシステムキッチン”Tio”の性能は?

LIXILのシステムキッチン”Tio”の特徴をチェック!
使いやすさだけでなく、デザイン性にもこだわった商品になっています。

豊富なカラーバリエーション

木目調は全11カラー

木目調は全部で11カラーで展開。高級感あふれる黒色の《オニキスブラック》をはじめ、鮮やかな赤が輝く《ガーネットレッド》、落ち着いたベージュ系の《クリエペール》やマットな風合いの《クリエアイボリー》 などお部屋の様子に合わせて選ぶことができます。

単色のパステルカラーは以下の6色展開

《ディープグレー》、《ペールブルー》、《ペールピンク》、《ペールホワイト》、
《ディープブルー》、《スムースイエロー》
《ペールピンク》は少し灰色がかったピンクで、落ち着いたかわいさに。
《ディープブルー》は白を基調としたお部屋の内装にぴったり。

また、扉は汚れが拭き取りやすく、お手入れが簡単な「クリーン扉」で、EBコートの中でもより汚れが拭き取りやすいよう撥油・撥水加工がされているものです。ちなみにEBコートは、扉表面に電子線(Electron Beam)を照射して、コート層の分子を密着させたもの。この加工により表面がなめらかで、ついた汚れも簡単に拭き取れます。

収納力と清掃性がグレードアップ!

シンクの使いやすさ

シンクは使いやすさを追求し、独自のラウンドシンクが採用されています。奥行きにこだわり、大きな中華鍋も45.5cmあれば簡単におさまります。鍋がシンクに収まらなくて洗いづらい!といった悩みも解消です。

シンクの底面は奥が少し深くなっており、作業スペースの底面の広さはしっかり確保したまま、排水口の上に物をおいてもスムーズに排水できるようになっています。

浄水栓はオールインワン浄水栓
水栓本体には高性能カートリッジが内蔵されており、セラミックフィルターを通して流れる水はおいしく飲むことができます。
デザインもスタイリッシュで、無駄なお湯を使わないよう設計されたエコハンドルも搭載している便利な水栓です。

清掃性高い人造大理石トップ

ワークトップには人造大理石が使われています。
調味料や洗剤などは浸透しにくくなっており、いつまでもキレイ。変色や変質はほとんど起こりません。熱にも強く、熱した鍋をトップ上に長時間放置しても大きな変色・変質は起こりません。
人造大理石トップの特徴については、ワークトップのページをチェック!

シンク下の収納スペースは、大容量だから高さのある鍋や大きなフライパンなどの調理器具もラクラク収納できます。
引き出し稼働範囲が大きく、トレーの奥行きいっぱいまでめいっぱい動きます。奥にしまってあるものまで上から一目で見渡すことができ、大きなスペースをしっかり有効活用できます。

キッチンリフォームの考え方

作業のしやすさに加え目線の位置にも注意

収納はスペースを効率良く生かして

キッチンはオープンにするのか、セミオープンか、独立型かといったスタイルから決めます。リビングやダイニングにいる人とのコミュニケーションも配慮し、不満点を整理して、わが家に合うスタイルを探しましょう。
オープンにしたいが、シンクの中が見えるのは嫌であれば、カウンターを高くしたり、格子を造作したりという方法もあります。
また、キッチンは収納をどう確保するかも大きなテーマです。カウンター下など、デッドスペースを上手に活用しましょう。

必要な設備・器具は?

・IH/ガスコン口
・レンジフード
・換気扇
・給湯リモコン
・インターホン
・火災警報器(熱式)

あると便利

・専用コンセント
・足元暖房
・フットスイッチ(水の出止め)
・バーベキューグリル

どんなことに配慮する?

・各キッチン形式のメリットデメリットを確認し、家族形態に合わせる
・キッチンの位置を変えるなら、給水・配水管の経路の再検討が必要となる
・リビング+ダイニング+キッチン、ダイニング+キッチンの場合、目線の位置を確認

照明計画の考え方は?

・全体照明と作業用部分照明を設ける
・広さ3-〜5畳の場合は、インバーター蛍光灯で40W, 5〜7畳の場合は80W
※キッチンスペースは電気を多く消費するので、現在の回路契約を要確認

広さ・寸法の目安は?

・キッチンの幅は2.4m以上あると使いやすい
・キッチンと背面の食器棚の間は90cm以上確保する
・冷蔵庫はダイニング側から近い位置か、それとも一番奥か検討
(冷蔵庫の扉の開閉方法に影響する)

湿気、換気の対策は?

・臭いや煙の発生する場所なので空気の循環に工夫が必要
・採光と通風、換気を兼ねた小窓があると快適
・勝手口を設けると、通風も可能に
・給気口と排気口の位置の確認をする

仕上げはどうする?

・長い時間立って作業をすることもあるため下半身が疲れないように弾力性のある材料を選ぶ

例えばこんな材料

床:クッションフロア、コルク
壁:キッチンパネル、ハードなビ二ールクロス、タイル

設備機器選びのポイント

家づくりの中で楽しくもあり、悩ましくもある、設備選び。
近年間取りの中心的存在になりつつあるためか、キッチンのみにとどまらず、ダイニングやリビングとのコーディネートなども含め、全体的に色やデザイン面を重視している傾向が。結果、お手入れや操作性の優先順位が下がり、実際使用して不便を感じていることがありそうだ。

キッチンスタイル

LDKが狭いことを考慮し、I型の壁付けキッチンを採用した結果、コンパクトにまとまっていて使いやすい。
対面式アイランドにしたら食事する家族のペースを見ながら料理できる。できたてを「おいしい」と食べてくれて嬉しい。
キッチンはクローズドタイプに。急な来客でも外から見えないので、あせって片付けたりしなくて済みラクチン。
悩んだあげく、オープンタイプにした。すぐに目についてしまうぶん、常にキッチンをキレイ見せる習慣がついた。
アイランドなら、包丁を持って作業しても常に子どもが視界に入っているので安心。
家族で料理を楽しもうと購入したアイランドなのに、全体の収納スペースが少なすぎて物置き場と化してしまった。
うちのキッチンはクローズドタイプで動線が限られている。いろんな方向から回り込めるアイランドにすれば良かった。

ワークトップ

同じ模様の人造大理石で、ワークトップとシンクをそろえたところ、一体感が出てとてもスタイリッシュになった。
人造大理石のワークトップは見た目も美しく、お手入れもメラミンスポンジなどで簡単。さらに指紋や汚れが目立たない。
力ウンターを高めにしたところ目隠しとなり、ダイニングから見せたくないところは見えなくなった。
ガラストップは、凹凸がなく掃除がしやすい。さっと一拭きでキレイになるからラクチン。
人造大理石のワークトップは、粉がなじみやすい質感で、パンやパスタの生地を練るのに便利。広さも十分にあり、子どもたちもお遊び気分で楽しみながら手伝ってくれる。
キッチンカウンターにつけて同じ高さのダイニングテーブルを造作。配膳も片付けもラク。
ワークトップの高さが低かったみたいで、前かがみ姿勢になり腰に負担が。ショールームで確かめれば良かった。

シンク

人造大理石のシンクは少し手入れを怠ってしまうと黄ばんでしまう気がする。
一方で大理石は傷がつきにくいし、たとえついたとしても小さな傷や汚れなどは、少し研磨すれば綺麗に消せる。
音の静かなシンクにしたら、ジャブジャブと洗い物をしていても、リビングにいる家族の声が聞き取れ、会話もできるように。

収納・扉

吊り戸棚を外したら、とても視界が広くなり料理中も窮屈さを感じなくなった。
つや消し加工が気に入って扉材を変更したが、妙め物をした時にはねた油などが付着しやすい素材で、手入れが面倒。
木目調の合板材をキッチン扉に採用したが、拭き取るだけで汚れが取れるので正解だった。

IHクッキングヒーター

炎がないので、暑い季節の炊事がラク。夏場は割り切って揚げ物や妙め物などは買っていたが、今は家でつくっている。
フライパンの底が表面から離れると熱が弱くなるため、卵焼きや野菜妙めに苦戦気味。慣れないと難しい。
調理で使用していないときは、お皿を並べて料理の盛り付けができたり、ワークトップの延長として活用できる。
IHだと、子どもが手伝ってくれる時も炎でやけどをする心配が少なくていい。

ガスコンロ

中華にはやっぱりガスコンロの強い火力と、直火であおられる食材。
吹きこぽれなどのこびりつきの掃除をするのが面倒。ケチらずにさっと拭き取れるガラストップにしておけば良かった。
お手入れにかかる手間を考えたらIHがいいけれど、五徳の形がシンプルなら簡単にはずせて負担も少ない。

食器洗い乾燥機

セットするだけで洗ってくれるから便利だけど、サイズが小さいと効率的に入れるのが難しい。
2人暮らしだからと小さなタイプを設置したが、鍋やフライパンが入れられずあまり活躍していない。
思った以上に音も静かなので、夜中に運転している。リーズナブルな深夜電力が活用できるのでお財布にも優しい。
すべて食洗機で洗っているので、シンク周辺から食器洗いかごを撤去。広くなった分調理作業もやりやすくなった。
運転中は高温になるため、食器はもちろん哺乳瓶なども殺菌できるのがイイ。

昇降式吊り戸棚

戸棚を引き下ろす際に、意外と抵抗が強く力が必要だと感じた。
妻の背が低いのでとても助かっている。
今までは、減多に使わない鍋や食器などを食器棚にしまい倉庫と化していた。設置してからは日常で使うお皿なども入れて活用。
棚ごと手元まで下ろせるので、調味料やコーヒー豆、小さな保存容器など細々したものを収納できて重宝している。

水栓金具

シャワータイプだと広範囲に水がかけられて、短い時間で野菜の土などをきれいに落とせる。節水にもなっていると思う。
固定式のものよりハンドシャワータイプの方がシンクの掃除がもっと楽だったと思う。
ホットプレートや魚焼きグリルなど、大きなものや、油汚れがひどいものを洗うときにシャワー水栓は大活躍。
シャワーなら、シンクの掃除の際にコーナーについた泡など、さっと流せるのがイイ。
タッチレス水栓にしたら、食器や調理器具などで両手がふさがっていても水が流せて重宝している。

レンジフード

掃除が簡単なレンジフードを採用。フィルターは食器洗い乾燥機で洗えるタイプ。
手入れしやすいレンジフードを採用しました。天面をさっとぞうきんで拭き、油がたまるポケットを洗うだけで、掃除はほぼ終了。強力な洗剤で手が荒れることもなくなりました。

その他

スパイスなど細々とした調味料を整理して収納しておくのにドアポケットは大活躍。包丁などをさしておくポケットは口ックできるので孫が遊びにきても安心。
収納ポケットは片付けに役立つのだが、プッシュ式で寄りかかったときに開いてしまうことも。
ビルトイン浄水器にしたところ、以前の据え置きタイプより場所を取らず、ワークトップがスッキリ。
ビルトイン浄水器の力ートリッジ交換のとき、ちょっと値段が高いなあと思ってしまう。
生ゴミ処理機を導入したところ、ゴミの量もゴミ出しの回数も減った。

朝昼晩と活用するキッチン。色やデザインに満足している声が多い半面、もう少し機能的なところに気を配れば良かったという反省も少なくない。機能面にも配慮して、日々のストレスを感じないような設備を選びたい。

キッチンのスタイルを徹底比較!

代表的なキッチンの4スタイルを徹底比較!
アイランド型、ペニンシュラ型、独立・半独立型、壁付け型のメリット・デメリットを挙げていく。どの型にもメリットデメリットはあり、結局は家族の生活にあったプランをとることがベストソリューションとなる。

アイランド型

シンクがリビング・ダイニングに向かう対面式で、外周が4辺とも壁についていない島(アイランド)型は、四方がオープンなのが特徴。そのぶん、収納場所が限られてしまったり、オープンスペースの使い方に困ってしまったりといった悩みも聞かれる。

キッチンを囲めるので料理に参加しやすい

独立型では料理中に孤独感があることも。しかし対面式アイランド型ではダイニングにいる家族との一体感がある。家族が料理を手伝ってくれたり、キッチンのまわりを走り回る子どもの相手をしながら料理できるのもうれしさのひとつ。
また出入口に制限がないので、複数人でキッチンに出入りしやすい。買ってきた食料品やゴミの出し入れには勝手口側を利用、もう片方はダイニングに行きやすいので配膳や下膳にといったように、動線を使い分けられるのもよい。
小さな子どもたちがイタズラしそうなときやケン力を始めたときなどに、すばやく止めに行けるのも便利という声も聞かれる。

反面、収納の少なさやスペースの使い方が難しいと嘆かれることもある。
さらに開放感をアップしようと吊戸棚を設けなかったら収納が少なくなくなってしまい、お玉やフライ返しなどの調理器具を引っ掛ける場所がなくなってしまって少し不便だったというケースや、通路を多く設けるためにキッチンサイズは小さくした一方、その通路があまり使われないデッドスペースになってしまったといったケースがある。
吊戸棚を設けない場合、収納が足りない可能性も。間取り検討時に、収納したいものをあらかじめ紙に書き出して、収納が足りなそうならパントリーや大きめの背面収納を設けてカバーしよう。

また、掃除のしやすさへの工夫もポイント。
フラットタイプのカウンターは段差がないのでひと拭きでキレイになることが多いが、コンロの前面に低いガラスパーテーションなどを取りつけて、ダイニング側への油ハネを防ぐ必要がでてくる。

ペニンシュラ型

ペニンシュラ型はシンクがリビング・ダイニングに向かう対面式で、1辺が壁についている半島のようなイメージのスタイル。

リビング・ダイニングにいる子どもの様子がよくわかる

台所に立つことが多い方でも子供や家族の様子を見守ることが可能。料理中でもダイニングにいる家族と会話でき、子どもが遊んでいるところやテレビを見ているところ、宿題やピアノの練習の様子などは、すべてがキッチンから見渡すことができて安心。子どもが小さいうちは、キッチンの入り口の部分にゲートをつけて子どもは入れないようにするのも良策。
アイランド型と異なり、ペニンシュラ型ならコン口の横に壁があるし、コンロ前面に高さのあるカウンターを設ければ、水や油がダイニングの床に飛び散るのを防げる。

一方で、キッチンの横幅が長過ぎると、キッチンの向かい側にあるダイニングテーブルに行くときに、ぐるっとまわりこむ必要があり、かなり遠く感じることもある。横幅は約2.5m程度にするかそれより長くする場合は、作業の多いシンクをキッチン入り口近くにすると移動がスムーズ。ダイニング側に調理中の手元を見せたくないなら、カウンターを10〜15cm程度立ち上げておこう。立ち上がりがあれば手元を隠せるうえ、水や油のダイニング側への飛び散りをかなり防げる。

独立・半独立型

キッチン空間が壁に囲まれている、または壁の一部分に小窓があり、ダイニングとつながっている独立・半独立型。
リビングやダイニングからシンクまわりが見えないので、ついつい洗う食器をためてしまう家庭には向いている。汚れや散らかりをあまり気にせず気軽に客を招きやすい。また来客中に、汚れた鋼や食器をためでおいても見えないので、そのまま一緒に食事や会話を楽しめるのもよい。

窓を設けて暗さや疎外感を打破

独立型・半独立型でよく聞かれる悩みは、昼間でも真っ暗で、ちょっと物を取り出すときでも照明をつける必要があるということ。しかし出窓を設ければ明るく、すぐに換気ができてニオイがリビングに流れていかない。キッチンはダイニング側を向いているので、窓を開けてしまえば「疎外感」はなくなる。調理中でも家族の様子がわかるし、簡単な会話ならできるので、料理中でも孤立感はない。ただ、完全に壁で囲まれていない分、思った以上に音がダイニングにひろがりやすいのは想定外で残念。

独立型のプランは、窓がないと暗くなる。窓がつくれない場合は、照明計画に注意するとともに、光を通すタイプのドアにしたり、間仕切り壁に小窓を設けて、自然光で明るさを確保したい。ダイニングとの間に小窓を設けるなら、キッチン内のどこが見えるか視線を確認しよう。また、音やニオイのひろがり方を設計者と一緒にイメージして、小窓の位置や大きさを決めよう

壁付け型

シンクの奥側の辺が壁に接していて、シンクに立ったときにリビングやダイニングには背を向ける壁付け型。
作業スペースの狭さやニオイ、調理中の騒音など問題点が多いように思われるが、対策をしっかりすれば使いやすい型になる。

ダイニングとの間に作業台を設置して調理効率と見栄えをアップ

壁付け型キッチンとダイニングテーブルとの間に、 作業スペースとしてステンレスの作業台を置く工夫をする。調理作業だけでなく、下ごしらえ中の食材や料理を盛り付けるお皿の一時置きなどにも使える。
壁付け型は来客に丸見えになるかも・・と迷うかもしれないが、テーブルとの間に作業台を置くことで視線はかなり遮れる。さらに、冷蔵庫を隣のパントリーに置いてダイニングから見えにくくすれば、”キッチン空間の見栄え”をアップさせることが可能。

キッチンのすぐ前にダイニングテーブルを置く場合、最低でも1〜2m程度距離をあけると調理中の音や熱が気になりにくい。壁に窓を設ければ、ニオイ対策や調理中の開放感が得られる。

壁付け型では調理や食器洗いの音で会話を聞き取りづらい、声も届きづらいという欠点がある。DK一体の空間でも、ダイニングに背を向けている調理時の会話は難しい。調理中も会話を楽しみたい場合、ダイニングを向いて作業ができるよう、キッチン背面に作業台を置く方法がオススメ。