タグ別アーカイブ: オリジナルキッチン

キッチン選びで後悔しない!

キッチンをオーダーするコツ

オリジナルキッチンがつくれるどうかを確認

オーダーキッチンを考えるうえで、最初に確認しておきたいのが、オリジナルキッチンがつくれるかどうかという点です。ハウスメーカーで家を建てる場合、オーダーキッチンは別料金が必要だったり、家の保証の対象外になったりする場合があります。まずはその点を確認したうえで、依頼先を探しましょう。依頼先として一般的なのは、設計事務所やキッチンメーカー。設計事務所にも得意不得意分野があるので、その点は注意が必要です。

オーダーキッチンの依頼先には、設計事務所やキッチンメーカーなどがあります。選ぶ基準としては、より多くの事例を手がけているところが経験も豊富なのでおすすめです。

デザインやテイストなどの好みを把握しておく

依頼先を決めると同時に整理しておきたいのが、自分の好みやテイストで
す。
「こんな雰囲気」とか「こんな色を使いたい」といった、なんとなくのイメージでもよいので、雑誌や本、インターネットなどでさまざまな情報を集めて、方向性を明確にしておきましょう。打ち合わせのときに、切り抜きやスナップ写真、簡単なイラストなどを持参するのもおすすめです。

また、情報収集をしているうちに、実際に依頼をしたくなる事務所やメーカーが見つかる場合もあります。

不満点を挙げることでアイデアが生まれる

自分が本当に欲しい機能や設備を揃えることができるのもオーダーキッチンの魅力。デザインよりも実用性にこだわる人は、こうした面から希望を整理していくのもよいかもしれません。
まずは、今のキッチンで不満に感じていることなどを細かく書き出してみ
ましょう。

その不満点を解消させるために何が必要かを考えていくうちに、新しいアイデアが生まれてくることもあります。いらないものを省いて「あったらいいな」を実現できるのがオーダーキッチンの醍醐味ですから、ささいなことでもまずは設計者に相談してみるとよいでしょう。

不満点のチェックリスト

☑︎暗い
☑︎寒い
☑︎狭い
☑︎動きづらい
☑︎収納がたりない
☑︎収納が不便な位置にある
☑︎収納からものが出し入れしにくい
☑︎ムダなスペースがある
☑︎調理スペースが狭い
☑︎シンクの高さが合わない(肩がこる/腰が痛い)
☑︎ゴミが臭う
☑︎料理中にニオイや煙が充満しやすい
 壁や床などが汚れやすい
☑︎そうじしにくい(コンロ、シンク、換気扇など)
☑︎水量が調節しにくい
☑︎キッチンから家族の様子がわからな
☑︎子どもに危険な場所がある
(包丁の収納場所、オーブンの位置など)

こだわりたい部分は優先順位を決めて

自由につくれるオーダーキッチンは、お金をかけようと思えばいくらでもかけることができます。しかし実際の予算には限りがあるもの。またキッチンだけにお金をかけてしまうと、家全体のバランスが悪くなる場合があります。

そこで、まずは自分のこだわりに優先順位をつけることが大切です。自分は何にこだわりたいのか、そして何になら妥協してもよいのかを明確にし、お金をかける部分と抑える部分を決めておくのです。それをふまえたうえで計画していけば、むやみに予算がオーバーすることはありませんし、全体をローコストで仕上げることもできます。

長く愛用できるキッチンをつくるには、要望を具体的に伝え、設計者と積極的なコミュニケーションをとることが重要。

素材の特徴を理解して適材適所に取り入れる

オーダーキッチンを希望する人のなかには、素材にこだわりたいという人も数多くいることでしょう。しかし、雰囲気だけで素材を選んでしまうと、実際に使ってみてから「そうじがしにくい」「傷みやすい」などの問題に頭を悩ませることになりかねません。それぞれの長所と短所を知ったうえで、どこにどんな素材を取り入れれば理想のキッチンに近づけるのか、設計者と
相談していきましょう。

家全体のバランスと手入れのしやすさで選ぶ

キッチンの素材は、やはり汚れにくく、手入れのしやすいものがべター。
例えば、ワークトップをタイルにすると見た目はおしゃれですが、目地が汚れやすいのが難点。また、床材を白木にしたら油汚れを拭き取るのにひと苦 労、という経験談も耳にします。

とはいえ、機能的なだけのキッチンも面白みがないもの。オープンキッチンなら、リビングやダイニングのインテリアとの調和も大切です。実用性とデザイン性の両方のバランスをほどよくとるためにも、手入れがしやすく、自分の好みに合った素材を探すことが成功のカギとなるでしょう。