タグ別アーカイブ: オープン

キッチンとダイニングの相性

「男子厨房に入らず」ー今日ではひと昔前の格言となりました。いまやキッチンは誰もが自由に出入りする場所となり、住宅内での位置づけも地味な楽屋裏から明るい表舞台へと変わりつつあります。なかでも、壁から独立した「アイランドキッチン」は最近の流行で、さながら舞台の主役に抜擢された新人スターのようです。
ところが、よくよく考えてみると、アイランドと名乗る人気役者はどこにも存在しません。 アイランド、オープン、対面、…呼び名はいろいろあれど、これらはキッチン自体の名称ではなく、状態を表す言葉です。言ってみれば舞台上の「役名」のこと。演じる役によって呼び名が変わるだけで、設計の基本はみな同じです。ただし、アイランドとダイニングテーブルを同時に演じさせるときはご注意ください。この二つ、思いのほか相性が悪いのです。
かつてキッチンといえば、壁際に沿って設けられた「ガスレンジ、シンク、冷蔵庫、以上!」という、いたってシンプルなかたちが主流でしたが、近頃はダイニングのほうに出てきてその存在をアピールしています。ただ、相変わらず地味な脇役に徹するか、華やかな主役を演じるかは、ダイニングとの関係によって大きく変わります。

カウンターハッチだけ(脇役)

楽屋裏のゴチャゴチャを見せたくないのであれば、キッチンとダイニングの境に力ウンターハッチを設けて、料理の受け渡しに使う程度とします。

セミオープン(準主役)

調理は隠れてするものではない。オープンにすれば家族との会話はもっと弾むはずだ!という人には、こんなかたちがよいでしょう。それでも、吊り戸棚やちょっとした立上りを設けることで、ダイニングとはなんとなく仕切っておきます

フルオープン(主役)

調理と飲食を別々のものとは考えず、本質的には同じ行為だととらえて一体化すると、こうなります。ただし、キッチンのすべてをさらけ出す覚悟が必要です(洗い物がたまったりすると悲惨なことに)

キッチンとダイニングの関係は「断面」で切ってみると、その親密度がよく分かります

キッチンとダイニングの越えられない一線

ところで、キッチンとダイニングの間にはどれだけ互いを尊重し、深く愛し合っても、生まれながらにどうしても越えられない「差」が横たわっています。

高さの違い

調理台の高さは使用者の身長、姿勢、クセなどによっても違いがありますが、どんなに低くても「800mm」は必要です。一方、ダイニングテーブルの高さは椅子の高さにもよりますが、せいぜい「720mm」程度。たった80mmの差ですが、両者はこの差を妥協できません。
アイランドキッチンとダイニングテーブルを組み合わせる場合は、この差を解決してやる必要があります。とりあえず考えられるのは、2つの方法です。

①互いの差を認め合い、それぞれの最適な高さを共存させる
②ハイチェアを使ってダイニングをキッチンの高さに合わせる

③床のレベルを変える
 キッチンの床レベルを下げてしまえば、このジレンマは一挙に解決します。

段差のリスク

もちろん、床の段差は安直につければよいというわけではありません。バリアフリーの問題を指摘されるまでもなく、熱いものを扱ったり運んだりするキッチンは安全面について慎重に検討しておく必要があります。左図の場合も、段差をどこから設けるかについて、周囲の状況と併せて考えなければなりません。
アイランドキッチンにはたくさんの魅力と可能性がありますが、その分さまざまなリスクも抱き合わせて引き受けなければならないのです。

目の高さまで考えられれば一人前

なお、高さという観点からは、目の高さも重要な要素となります。ここまで配慮できる人はなかなかいませんが、いつかはものにしたいテーマの1つです。

キッチンをオープンにする場合は、断面のバランスを十分に検討しておきたいものです

キッチンリフォームの基礎知識

様々な種類のキッチンレイアウト

キッチンの配置は、部屋のスペース取りと使い勝手を考えて

スタイルと同時に、キッチンのレイアウトも考えよう。
まずは、下の一覧表にまとめた基本のタイプを参考に、
自分が使いやすいものをみつけてみよう。

レイアウトを決める際は、部屋の畳数も意識して。
キッチンセットや冷蔵庫を置いても、余裕で動ける広さが必要だ。
とくに、人気のあるアイランドは、カウンターの奥行きは最低でも90cm、長さ
は240~250cmは欲しいところ。

加えて、双方の壁側に通路を確保できるかがカギになる。
キッチンの内部だけでなく、隣り合うLDとの位置関係も一緒に考えると、
配膳などの動作がイメージしやすく、より使い勝手のよいレイアウトになってくるものだ。

【基本レイアウト6タイプ】

①アイランド型

(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)
(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)

シンクとコンロを設けたカウンターを、部屋の中央に置いたタイプ。
人が集まりやすいので家事に参加してもらいやすく、
壁側の通路幅を60cm以上とれれば、キッチンが回りやすくなる。

 

②II型

(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)
(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)

2列に並んだカウンターに、シンクとコンロを分けて配置したタイプ。
シンクとコンロが対角線上にくるように配置すると、使いやすくなる。

 

③I型

(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)
(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)

シンクとコンロを1 列に並べたタイプで、左右に一直線で移動できることから、
動きやすさが魅力である。シンクとコンロの間の作業スペースも取りやすく、
作業がしやすくなる。

 

④ペニンシュラ

(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)
(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)

シンクとコンロのあるカウンターの一辺が壁に接し、突き出たタイプ。
ダイニング側に、料理の一時置き場や食器類の収納をつくっておくと、
配膳を手伝ってもらいやすくなる。

 

⑤L型

(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)
(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)

ひとつながりのカウンターに、シンクとコンロがL字型に配置されており、
体の向きを変えるだけの移動なので、次の作業にすぐ移れて効率的。
冷蔵庫脇のカウンターは、食材の一時置き場に。

 

⑥U型

(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)
(『キッチン&バス・トイレ素敵なリフォーム』 p.37)

U字型につながるカウンターにシンクとコンロを配置したタイプ。
コーナー部分が2か所にできるので、そこを作業スペースとして活用すれば、
使い勝手がさらによくなる。

キッチンのスタイル

キッチンは、ダイニング空間とのつなげ方によってオープン、
セミオープン、クローズドといったスタイルに分けられる。
その中で、キッチンセットをI型、Ⅱ型、L型、U型、アイランド型など、
どんなレイアウトにするかを決めるのが一般的な手順だ。

選択のポイントは、キッチンの広さと、キッチンに主に立つ人が
どう作業をしたいかによる。キッチン空間だけ別にとるスペースの余裕がない、
または家族と一緒に調理や片づけをしたい場合は、
ダイニングと同一空間に設けるオープンスタイルがオススメ。

最近では、アイランド型のカウンターを広めにとったプランが人気だ。
作業の手元だけは隠したいという場合は、吊り戸棚などでダイニング間の一部を隠すセミオープンに。

作業は集中して行うのが習慣、といった家庭ではクローズド独立型が適している。

【キッチンの基本スタイル4つ】

1.クローズド・独立型

キッチンセットの前後に壁があり、ダイニングが別室になっている。
煙や作業の音が流れにくい。

(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)
(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』 p. 162)

2.セミオープン・対面式

ダイニングに向かった壁が部分的にオープンになっている。
作業しながら会話も楽しめる。

(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)
(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)

3.オープン・対面式

ダイニング側には壁もり戸棚もなく、フルオープンになっており開放的。
現在は最も人気がある。

(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)
(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)

4.オープン・壁付け

キッチンセットの前面に壁があり、背面にダイニングがある。
もっとも省スペースなスタイルだ。

(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)
(『住まいの設備を選ぶ本 2016年冬』)

最近のキッチンリフォーム事情

最近はリフォームに対応できる便利な部材が出ている。例えば梁型を隠したり、
壁とのわずかな隙間を埋める調整部材を利用すると、見た目にきれいに仕上げることができる。
ほかにも希望の位置にシンクを移動できるキャビネット、デッドスペースになりやすいコーナー利用の収納までスペースを有効に使えるの利点だ。最近は、頻繁に使う調理器具を入れるドア収納を設けたものや、引き出し内部をきれいに整頓できる部材が充実。対面式やアイラン型
では、ダイニング側に収納スペースのあるタイプが出ている。天板はステンレスか人造大理石の選択に。ステンレスは水や熱に強く、耐性に優れている。人造大理石は見た目に美しく、最近は耐久性も向上し使いやすい。

シンクもまた、ステンレスが一般的だったが、近ごろでは人造大理石が登場。色の種類も豊富で、インテリア重視派に人気がある。いずれのシンクも、水や作業音を抑える制振構造をもち、排水口は手入れしやすい形になっている。
全体の価格については、一般的なI型、間口270mの商品では、中ランクのグレードの扉材で、万円台からそろう。選ぶ材質や設備で大きく変わってくる。

賃貸と中古リノベお得に住めるのは???

40年間の総住居費を比較

賃貸と中古リノベの40年間の総住居費では、総額に大きな差はないという結果に。試算結果は立地条件などにも左右される。
賃貸では、一般的に駅に近い便利な場所を選ぶほど家賃が高くなり、賃貸の負担が菫くなるケースが多い。
一方で、中古リノベは、家を買うと固定資産税や、マンションの場合は管理費や修繕積立金などの支払いが必要になるが、
今は低金利なので中古リノベの口ーン返済の負担は比較的軽い。また、口lン返済が終われば住居費が格段に低くなり、家を売ったり人に貸したりと、収入源になるメリットもある。

住みやすさと将来のリスクで比較

賃貸は家族構成の変化などに応じて身軽に住まいを変えられるが、水まわり設備の交換をしたり間取りや空間をリフォームしたりすることはできず、家探しや引越しなどの手間と費用が発生する。
一方、中古リノベの大きなメリットといえるのが、住まいの自由度だ。将来を見越して間取りをつくっておけるほか、
家族構成やライフスタイルが変わったとしても、持ち家なら住宅設備や間取りを変えることで対応できる。リフォーム費用などはかかるが、自分好みの暮らしが実現しやすい点は魅力だ。

 

LDとの関係性から分けるスタイル

オーブン型ダイニングキッチンキッチン

食卓が同じ空間にある、以前からよく見られるスタイルです。
キッチンと食卓の間の動線が短いので、食卓が配膳台代わりに使える上、家族みんなで料理を作って、
すぐに食べることができ、食器の後片付けもしやすくなります。その一方で、空間は乱雑になりやすく、
敵らかつた流し台を見ながら食事をしなければならないというデメリットもあります。

 

『リフォーム倶楽部 2008年秋』 p.56

 

オーブン型対面キッチン

キッチンとLDとの間仕切りはなく、流し台がLD側と対面になっているスタイル。LD側と厨房側でコミュニケーションがとりやすく、カウンターがさり気なくキッチン内部を目隠しするので、ダイニングキッチンのような雑然とした印象がありません。キッチンとの間に間仕切りがないので圧迫感がなくなりますが、調理のにおいなどをLD側で感じてしまうこともあります。
『リフォーム倶楽部 2008年秋』 p.56

クローズド型対面キッチン

流し台がLD側に対面になっていますが、キッチンとLDとの間に引き戸などを設置してフレキシブルに空間をつなげたり分けたりできるようにしたスタイルーで~す。やや開放性には欠けますが、調理のにおいや煙がLD側に広がるのを防ぐことができます~・食卓の位置によっては、動線が悪くなったり、食べる人とつくる人を分けてしまうので注意が必要です。
スクリーンショット 2016-08-24 15.07.02

独立型キッチン

ダイニングとは完全に空間を独立させたキッチンスタイル。調理や後片付けの專用の場所として使えるため、調理のにおいや煙の他の空間への影響を考えたりす~る必要がないのがメリットです。他のスタイルに比べて、配膳や後片付けの動線が良くありませんが、食事の場所とキッチンをB月確に分けたい人にはおすすめのスタイルです。
スクリーンショット 2016-08-24 15.07.17

 

使いやすさのポイント

流しとコンロをひと続きにするプラン

|型、L型、.型のキッチンで、流しとコンロがひと続きになっていると、洗う、切る、煮炊きするという一連の作業がスムーズにできます。
どこで洗って、どこで調理し、どこで配膳するかを考え、流し、コンロ、調理スペースの配置を決めるようにします‘

スクリーンショット 2016-08-24 16.18.08

流しとコンロを別々にするプラン

||型のように流しとコンロを別々に配置する場合は、流し側は洗う.
調理するスペース、コンロ側は煮炊き・配膳するスペースに分けることになります。
移動距離が長くなりすぎないようにし、流しとコンロの関係を考えて、振り向けばすぐ作業ができるなど、
無駄のない動きがないようシュミレーションしてみることが大切です。

スクリーンショット 2016-08-24 16.18.16

流しと食卓をひと続きにするプラン

食卓は調理台や配膳台にも使えます。その点を考盧して、流しから続く食卓の位置を決めるといいでしょう。

スクリーンショット 2016-08-24 16.18.22

コンロと食卓をひと続きにするプラン

食卓が配膳台として使えること、料理の温めなおしがすぐ↓こできることがメリットですが、
食卓と火を使う場所が近いため、小さな子どもがいる家庭などでは避けた方が良いでしょう。

スクリーンショット 2016-08-24 16.18.28