タグ別アーカイブ: ペニンシュラ型

キッチンのスタイルを徹底比較!

代表的なキッチンの4スタイルを徹底比較!
アイランド型、ペニンシュラ型、独立・半独立型、壁付け型のメリット・デメリットを挙げていく。どの型にもメリットデメリットはあり、結局は家族の生活にあったプランをとることがベストソリューションとなる。

アイランド型

シンクがリビング・ダイニングに向かう対面式で、外周が4辺とも壁についていない島(アイランド)型は、四方がオープンなのが特徴。そのぶん、収納場所が限られてしまったり、オープンスペースの使い方に困ってしまったりといった悩みも聞かれる。

キッチンを囲めるので料理に参加しやすい

独立型では料理中に孤独感があることも。しかし対面式アイランド型ではダイニングにいる家族との一体感がある。家族が料理を手伝ってくれたり、キッチンのまわりを走り回る子どもの相手をしながら料理できるのもうれしさのひとつ。
また出入口に制限がないので、複数人でキッチンに出入りしやすい。買ってきた食料品やゴミの出し入れには勝手口側を利用、もう片方はダイニングに行きやすいので配膳や下膳にといったように、動線を使い分けられるのもよい。
小さな子どもたちがイタズラしそうなときやケン力を始めたときなどに、すばやく止めに行けるのも便利という声も聞かれる。

反面、収納の少なさやスペースの使い方が難しいと嘆かれることもある。
さらに開放感をアップしようと吊戸棚を設けなかったら収納が少なくなくなってしまい、お玉やフライ返しなどの調理器具を引っ掛ける場所がなくなってしまって少し不便だったというケースや、通路を多く設けるためにキッチンサイズは小さくした一方、その通路があまり使われないデッドスペースになってしまったといったケースがある。
吊戸棚を設けない場合、収納が足りない可能性も。間取り検討時に、収納したいものをあらかじめ紙に書き出して、収納が足りなそうならパントリーや大きめの背面収納を設けてカバーしよう。

また、掃除のしやすさへの工夫もポイント。
フラットタイプのカウンターは段差がないのでひと拭きでキレイになることが多いが、コンロの前面に低いガラスパーテーションなどを取りつけて、ダイニング側への油ハネを防ぐ必要がでてくる。

ペニンシュラ型

ペニンシュラ型はシンクがリビング・ダイニングに向かう対面式で、1辺が壁についている半島のようなイメージのスタイル。

リビング・ダイニングにいる子どもの様子がよくわかる

台所に立つことが多い方でも子供や家族の様子を見守ることが可能。料理中でもダイニングにいる家族と会話でき、子どもが遊んでいるところやテレビを見ているところ、宿題やピアノの練習の様子などは、すべてがキッチンから見渡すことができて安心。子どもが小さいうちは、キッチンの入り口の部分にゲートをつけて子どもは入れないようにするのも良策。
アイランド型と異なり、ペニンシュラ型ならコン口の横に壁があるし、コンロ前面に高さのあるカウンターを設ければ、水や油がダイニングの床に飛び散るのを防げる。

一方で、キッチンの横幅が長過ぎると、キッチンの向かい側にあるダイニングテーブルに行くときに、ぐるっとまわりこむ必要があり、かなり遠く感じることもある。横幅は約2.5m程度にするかそれより長くする場合は、作業の多いシンクをキッチン入り口近くにすると移動がスムーズ。ダイニング側に調理中の手元を見せたくないなら、カウンターを10〜15cm程度立ち上げておこう。立ち上がりがあれば手元を隠せるうえ、水や油のダイニング側への飛び散りをかなり防げる。

独立・半独立型

キッチン空間が壁に囲まれている、または壁の一部分に小窓があり、ダイニングとつながっている独立・半独立型。
リビングやダイニングからシンクまわりが見えないので、ついつい洗う食器をためてしまう家庭には向いている。汚れや散らかりをあまり気にせず気軽に客を招きやすい。また来客中に、汚れた鋼や食器をためでおいても見えないので、そのまま一緒に食事や会話を楽しめるのもよい。

窓を設けて暗さや疎外感を打破

独立型・半独立型でよく聞かれる悩みは、昼間でも真っ暗で、ちょっと物を取り出すときでも照明をつける必要があるということ。しかし出窓を設ければ明るく、すぐに換気ができてニオイがリビングに流れていかない。キッチンはダイニング側を向いているので、窓を開けてしまえば「疎外感」はなくなる。調理中でも家族の様子がわかるし、簡単な会話ならできるので、料理中でも孤立感はない。ただ、完全に壁で囲まれていない分、思った以上に音がダイニングにひろがりやすいのは想定外で残念。

独立型のプランは、窓がないと暗くなる。窓がつくれない場合は、照明計画に注意するとともに、光を通すタイプのドアにしたり、間仕切り壁に小窓を設けて、自然光で明るさを確保したい。ダイニングとの間に小窓を設けるなら、キッチン内のどこが見えるか視線を確認しよう。また、音やニオイのひろがり方を設計者と一緒にイメージして、小窓の位置や大きさを決めよう

壁付け型

シンクの奥側の辺が壁に接していて、シンクに立ったときにリビングやダイニングには背を向ける壁付け型。
作業スペースの狭さやニオイ、調理中の騒音など問題点が多いように思われるが、対策をしっかりすれば使いやすい型になる。

ダイニングとの間に作業台を設置して調理効率と見栄えをアップ

壁付け型キッチンとダイニングテーブルとの間に、 作業スペースとしてステンレスの作業台を置く工夫をする。調理作業だけでなく、下ごしらえ中の食材や料理を盛り付けるお皿の一時置きなどにも使える。
壁付け型は来客に丸見えになるかも・・と迷うかもしれないが、テーブルとの間に作業台を置くことで視線はかなり遮れる。さらに、冷蔵庫を隣のパントリーに置いてダイニングから見えにくくすれば、”キッチン空間の見栄え”をアップさせることが可能。

キッチンのすぐ前にダイニングテーブルを置く場合、最低でも1〜2m程度距離をあけると調理中の音や熱が気になりにくい。壁に窓を設ければ、ニオイ対策や調理中の開放感が得られる。

壁付け型では調理や食器洗いの音で会話を聞き取りづらい、声も届きづらいという欠点がある。DK一体の空間でも、ダイニングに背を向けている調理時の会話は難しい。調理中も会話を楽しみたい場合、ダイニングを向いて作業ができるよう、キッチン背面に作業台を置く方法がオススメ。